料金プラン

Web制作・インタビュー動画・PR動画・リクルート・求人・採用動画。サポート充実。
スマホ対応のレスポンシブデザイン。 CMSですのでご自身でサイト管理も簡単です。
新規サイト、リニューアルを考えている事業主にご提供。弊社導入の大手国産サーバーは商用利用、セキュリティも安心。中小企業など幅広くご利用可能。高品質でハイクオリティなサービスをお届けします。

画像をアップロード

スタンダードプラン 250,000円

CMS Webサイト 8ページ(更新可能)
● スマホ対応のレスポンシブデザイン
● サーバー費用   月額5,000円
● 独自ドメイン管理費  月額3,000円
● サポート管理費 (年間契約:顧問料)月額20,000円
● .com/.netを無料プレゼント
● ページ更新代行は月1回まで無料
● ドメイン設定費1回のみ 8,000円
● SSLサーバ証明書は無料(https)
● スマホ対応:固定フローティングナビ
● 内部SEO対策 / Google Map設置
● Google Analytics
● SNS連携 Facebook / Twitter

画像をアップロード

プレミアムプラン 350,000円

CMS Webサイト 8ページ(更新可能)
スマホ対応のレスポンシブデザイン
写真制作(50カット 撮影2時間以内)
映像制作(インタビュー動画:5名まで)
● サーバー費用   月額5,000円
● 独自ドメイン管理費  月額3,000円
● サポート管理費 (年間契約:顧問料)月額20,000円
● .com/.netを無料プレゼント
● ページ更新代行は月1回まで無料
● ドメイン設定費1回のみ 8,000円
● SSLサーバ証明書は無料(https)
● スマホ対応:固定フローティングナビ
● 内部SEO対策 / Google Map設置
● Google Analytics
● SNS連携 Facebook / Twitter

画像をアップロード

インタビュー動画・PR動画

●リクルート・求人・採用動画
●動画で伝えることの大切さ
●動画は最高のコンテンツとなる
●1分~5分程度のPR映像を作ります。
●インタビュー動画でアピール力が高まります。

Web制作 基本料金(プランがお勧め!)

・ディレクション費 150,000円(プラン料金に含む)
・トップページ制作費 50,000円 (プラン料金に含む)
・CMS ワードプレス導入 50,000円 (プラン料金に含む)
・レスポンシブデザイン導入 30,000円 (プラン料金に含む)
・固定ページ作成 10,000円 (プラン料金に含む)
・ブログページ制作 10,000円 (プラン料金に含む)
・お問合せフォーム 10,000円 (プラン料金に含む)
・ヘッダー作成 30,000円
・写真撮影 50カット 58,000円(撮影2時間以内)
・動画撮影編集 70,000円 (撮影2時間以内)DVD,Blu-ray、その他メディアで納品。
・ページ更新代行 1回5,000円(月1回まで無料)
・バナー広告 1枚5,000円~(サイズにより)
・画像処理 1枚1,000円
・その他のカスタマイズ有料(ご相談無料)
・ドメイン取得管理 .com.netは無料。それ以外は月額1,000円
・リスティング広告 月額3万円から(代行手数料+25%)

サポート・更新代行

・メンテナンス技術料 出張対応 1時間 10,000円~(交通費別途)
・メンテナンス技術料 電話対応・メール対応 1案件 30分 5,000円~
・ページ更新代行 月1回無料 テキストデータでご用意下さい。2回目より5,000円

レスポンシブデザイン・高機能

Googleモバイルファーストインデックス対策はスマートフォンに「固定フローティングナビ」。お問合せフォームでは住所欄に郵便番号を入れると住所が自動表記。顧客の離脱を防ぎます。Webデザイン制作はスクロール機能の「パララックス」を使用。ビジュアルも美しい。最先端のテクノロジーを使用。

サイト制作はお任せ下さい

✔ どう進めてよいか分からない
✔  更新もお願いしたい
✔  いつでも連絡を取れる会社にお願いしたい
✔  様々な業界に詳しい所にお願いしたい
✔  集客できるHPにしたい
✔  女性受けするサイトにしたい
✔  様々な要望に応えます

ハイスペックサーバーのサイト管理保守

・圧倒的に高速・多機能・安全な高性能サーバー管理
・ 高速性・機能性・安定性を兼ね備えたSSDのハイスペックサーバー
・サーバーは電源システムや空調/防火システムを備えた、国内大手のデータセンターで365日24時間監視下に置かれています。
・株式会社ウィズプロデュースは総務省認可 登録会社 電気通信事業届出番号 A-28-15575
・来館打合せは横浜サロン 銀座サロン (完全予約制)

ご利用規約

(最低利用期間)
本サービスの最低利用期間はサービス開始日より24ヶ月間とします。但し、サービス開始日が月の途中のときは、サービス開始日の属する月の翌月1日から24ヶ月間とします。契約者が最低利用期間内に解約を行う場合は、最低利用期間の未支払利用料金を一括で支払うことにより最低利用期間に達する前においても解約をすることが出来るものとします。

  • 「利用規約」を遵守して頂けることが条件。
  • 法令違反や一般的に不都合なホームページ制作はお断り致します。
  • 修正・訂正は1回までとさせて頂きます。
  • 制作中に5日以上、電話・メールにて連絡が取れない方はご遠慮させて頂きます。
  • 制作後にイメージが違うなどの着地点が見えない方はお断り致します。
  • 何度もデザインや機能等の修正依頼は業務に支障を生じる為、お断りする場合がございます。
  • 制作中の大幅なデザイン変更依頼は別途料金を頂戴いたします。

お気軽にお問合せ下さい。046-845-5840受付時間:9:00-20:00

お問合せフォーム お気軽にお問合せ下さい。

横須賀市とは

神奈川県南東部に位置する三浦半島の大部分を占め、市域の東側は東京湾浦賀水道)、西側は相模湾に面する。東京湾唯一の自然である猿島も行政区域に含まれる。行政区域内標高の最高点は大楠山の標高242mであり三浦半島の最高峰となっている。それほど標高が高い山はないが、中央部は山間部や急峻な丘陵部(三浦丘陵)が中心で平地は少ない。そのため、古くから海岸線の埋め立てが行われており、現在の中心市街地も大部分が埋立地にある。また、海岸沿いまで山が迫る地形のためトンネルが多いのも特徴で、神奈川県にある道路・鉄道トンネルのおよそ半数が市内に集中している。直下には三浦半島断層群が所在している。

市内の行政・経済的都市機能が集中する東京湾岸には大工場や住宅群がひしめきあうが、相模湾岸には自然が多く残され農業も盛んである。市内中心部から東京都心までは京急本線で約1時間、JR横須賀線で約1時間10分。また横浜横須賀道路など地域高規格道路が整備されており、車では東京国際空港まで約1時間、東京都心へは1時間15分程度となっている。

東京湾の入口に位置するため江戸時代から国防の拠点とされ、大日本帝国海軍横須賀鎮守府を擁する軍港都市として栄えた。現在もアメリカ海軍第7艦隊横須賀海軍施設および海上自衛隊自衛艦隊横須賀地方隊および陸上自衛隊武山駐屯地久里浜駐屯地などの基地が置かれている。また自衛隊関係の教育施設(防衛大学校陸上自衛隊高等工科学校)も置かれている。

地形が山がちという地理的要因から、今後大きな人口増加は望めないため、「国際海の手文化都市」をスローガンに「交流人口」(仕事やレジャーでの流入人口)の増加、そして「また来てもらえる街」をめざしている。施策として横須賀リサーチパーク (YRP) 開設やよこすか海辺ニュータウンの開発、高等教育機関(神奈川県立保健福祉大学、陽光小学校跡地への福祉系4年制大学)の誘致、海軍カレーヨコスカネイビーバーガー(ご当地バーガー)による街興し、映画撮影や市内が登場するアニメ作品の誘致やタイアップ企画、ヴェルニー公園(1万メートルプロムナード計画の起点)、くりはま花の国長井海の手公園 ソレイユの丘横須賀美術館等、観光施設の整備などが積極的に行われている。

また、基幹産業が景気に左右されやすい重厚長大産業であることが災いして、市民の所得水準が県内では三浦市についで低く(ただし、他都道府県の市町村と比べれば高めの方ではある)、多くの人口を抱えながら市民税の収入が県内でワースト3であり、市の財政は市債と地方交付税に頼らざるを得ない。市債償還が財政を圧迫しており、市の財政は非常に苦しいものとなっている。ただし、年間数千人単位の人口減にもかかわらず、市税収入はYRP効果で法人市民税が増加し、上昇傾向にある。

地理

隣接している自治体・行政区

歴史

約2万年前(後期旧石器時代)に三浦半島に人が住み始めたという説があり、縄文時代に入ると生活の跡である貝塚も市内に散見されるようになる。古墳時代には小規模ながら古墳がつくられ、奈良時代中ごろまでは相模国から上総国へと抜ける古東海道が通じていた。

市内公郷の宗元寺(曹源寺)は県内屈指の古刹であり、三浦郡の行政の中心地であったともいわれる。中世には三浦氏、後に相模三浦氏が一帯を支配するようになるが、戦国時代に北条氏により滅亡、その後徳川家康の領地となる。江戸時代に入ると海上からの首都の玄関口となり、燈明堂や奉行所がおかれた。1720年(享保5年)に浦賀奉行所が置かれて以降は浦賀が商業地として栄えた。

幕末には黒船来航の地となり、観音埼灯台の点灯、横須賀製鉄所横須賀鎮守府設置、横須賀線の開通など、近代化や国防における要所として発展、県内では横浜市に次ぐ市制施行を果たした。昭和時代に入ると大日本帝国海軍の一大拠点となり、軍事施設を持つ周辺の町村を併合することでほぼ現在と同様の市域が形作られた(逗子町は後に分離)。このため横須賀市では昭和の大合併に伴う市町村合併は行われていない。

戦後アメリカ軍自衛隊が駐留する一方、東京や横浜のベッドタウンとして発展し、人口は1992年(平成4年)5月1日に437,170人と最高数を記録した。しかしそれ以降は減少に転じ、2012年4月には藤沢市に抜かれ県内5位の人口の市となった。

Wikipedia 参照